野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« どんどん渓流をさかのぼって   回顧  ヤマセミ | トップページ | こんなきれいな鳥が!  回顧  ホオジロカンムリヅル »

元気な幼鳥    イカルチドリ

 朝の陽が少し東南に傾いてきたなと感じると、日の出の時間もかなり遅くなってきた。

Photo_20201006155501

 いつもの河原につくと、すでに土手を歩く人、ジョギングをする人など、たくさんのひとが出ている。

Photo_20201006155502

 いつもこの橋から上流に向かって歩き出すが、今日は下流に向かってみた。渡りのシギチ類が何か見えないかなとの思いがあった。

Photo_20201006155601

 夜露に濡れた河原の石ころが、朝日に光っている部分があるが、その辺りで数羽の飛ぶ鳥の姿が見えた。

Photo_20201006155602

 下りた地点を双眼鏡で覗いてみるが、鳥の姿は見つからない。確かに鳥たちは、簡単にわからないように河原の石ころと擬態色になっている。

Photo_20201006155603

 時々速足で移動するので、その時の動きを捉えるとファインダーに入ってくる。よく見るとイカルチドリの幼鳥である。狙いとしてはもう少し大きいシギチであるが、もう少し下流に歩いてみることにする。

 

 

« どんどん渓流をさかのぼって   回顧  ヤマセミ | トップページ | こんなきれいな鳥が!  回顧  ホオジロカンムリヅル »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« どんどん渓流をさかのぼって   回顧  ヤマセミ | トップページ | こんなきれいな鳥が!  回顧  ホオジロカンムリヅル »