野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« 三ツ星の幼鳥    イヌワシ | トップページ | 越冬地の恋    続 コハクチョウ »

夜明けの池    コハクチョウ

 最近の夜明けは朝も六時を過ぎている。コハクチョウが塒にしている紅葉の池を覗いてみた。

Photo_20201117111801

 池に近づくと、目ざめのコハクチョウの鳴き声が聞こえてくる。できれば、えさ場に向かって飛び立つ前に、その姿をファインダーにと思っている。

Photo_20201117111802

 頭を両翼にもぐらせて眠っていたコハクチョウが、次々にそれぞれ頭を持ち上げて動き出す。池の端にいた白鳥たちが、池の真ん中に集まってきたので、いよいよ出発かと構える。

Photo_20201117111803

 中には今年の幼鳥と思われるまだ灰色の羽根の個体も多い。眠っているときは家族でいるのか、4~5羽が連なって泳いでいる。

Photo_20201117111804

 朝の鏡面のような池の水面を優雅に滑るように動いているが、多分水中の水掻きは忙しく交互に動かしているのだろう。

Photo_20201117111901

 朝日が昇ってくるにつれて、水面の色や周りの紅葉した樹木の葉が、一層の赤みを帯びて白いコハクチョウがさらに際立つ。

Photo_20201117111902

 コハクチョウのえさ場への飛び出しが遅れていると、池の奥の方にいたマガモが飛び出し始めた。時間の制約もあるので、早くしてほしいと思いながら、引き上げることにした秋の池之端である。

 

 

« 三ツ星の幼鳥    イヌワシ | トップページ | 越冬地の恋    続 コハクチョウ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 三ツ星の幼鳥    イヌワシ | トップページ | 越冬地の恋    続 コハクチョウ »