野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« 狩りの練習?   チョウセンオオタカ | トップページ | 珍しいお客様    タゲリ »

睨みだけは一人前  続 チョウセンオオタカ

 狩りを失敗したチョウセンオオタカは、藪の上で照れ隠しなのか嘴をぬぐったりした後、すぐ近くの大きな樹木の横枝に留まって睨みを利かせている。

Photo_20210112163301

 すぐ下には池があり水鳥たちは緊張して、コガモなどはすっかり身を縮めて岸辺の草陰にいる。

Photo_20210112163401

 下流側の葦原の水のあるところにもたくさんの水鳥たちがじっと身を潜めている。

Photo_20210112163402

 横枝から獲物を物色しているのか、それとも狩りの失敗の照れ隠しなのか、オオタカは首をすくめたり鋭い眼光で睨んだりしている。

Photo_20210112163403

 それを見ているギャラリーは、いつでも飛び出してもいいようにカメラを構えているが、何しろ冷え込んだ朝なのでカメラを持った手がつらい。

Photo_20210112163404

 そんなバーダーをじらすように表情は変えるのだが、次の飛び出しをなかなか見せてくれない。そのうち背中を見せたかと思ったら、反対側に飛び出していってしまった。その後上空を一回りして、基の大きな樹木の中に入ってしまったのである。

 

« 狩りの練習?   チョウセンオオタカ | トップページ | 珍しいお客様    タゲリ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 狩りの練習?   チョウセンオオタカ | トップページ | 珍しいお客様    タゲリ »