野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« いざ行かん  オオタカ若 | トップページ | 夜明けとともに  続 ハイイロチュウヒ ♀ »

新年を占うかの表情と飛翔   ハイイロチュヒ♀

 新年の寒波襲来の予報も、気温は低いが晴天続きである。正月は朝から大手を振って酒が飲めるが、今年は体調も考えて控えている。

Dsc_9144

 昨年はそういう意味では病院通いの多い年であったが、今年は健康面に注意してよい年にしようと考えている。

Dsc_9345_20210103080101

 医学博士の著書を読むと、古希を過ぎて病のない人は少ないので、いかに病気と共存していくかだと書いている。

Dsc_9385_20210103080101

 そんなわけで、足腰だけは強くしておかなければと思うが、強くなるのは口だけでそれもまた良しと、勝手に納得している。

Dsc_9396

 いつものように夜明け前に河原につくと、すでに第一ステージは始まっているようである。今シーズンは珍しくハイイロチュウヒが姿を見せてくれている。

Dsc_9401

 欲を言えばオスに遭いたかったが、それは来シーズンの楽しみにしよう。ハイチュウの魅力は、その精悍な顔つきと飛翔スタイルである。

Dsc_9413

 下を向きながら河原の草むらを低空飛行で獲物を探す。獲物を見つけると、反転して一気に獲物めがけて飛び込んでいく。新年も続いているコロナ禍、そんな雰囲気を吹き飛ばしてくれそうなハイチュウの飛翔姿である。

« いざ行かん  オオタカ若 | トップページ | 夜明けとともに  続 ハイイロチュウヒ ♀ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« いざ行かん  オオタカ若 | トップページ | 夜明けとともに  続 ハイイロチュウヒ ♀ »