野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« 今シーズンは親子連れ?   ミコアイサ | トップページ | 主の責任   続 続 ミコアイサ »

夫唱婦随?   続 ミコアイサ

 良く晴れた青空の下、池のミコアイサのペアーは仲良しである。オスの後を三歩(?)下がってついていく控えめなメス。

Photo_20210112143502

 オスはこれ見よがしに頭の冠羽らしきものをたてて、スイスイと水面を行く。

Photo_20210112143601

 ミコアイサのオスの姿が凛々しく見えるのは、後からついていくメスがいるからであり、これが一羽だけだったら絵にならない。

Photo_20210112143602

 やはりオスを引き立てているのは、利発なメスの存在である。人の世も同じことが言えるのだろうなと思う。

Photo_20210112143603

 ところが我が家は婦唱夫随かとも思われる。年輪を重ねてくると、その方がうまくいくことが多くなってくる。

Photo_20210112143604

 好天の池の水面を優雅に泳いでいるように見えるが、水中の脚と水掻きを忙しく動かしている。見えないところではみんな頑張っているんだねと、ほほえましく眺めるミコアイサの仲良しペアーである。

 

« 今シーズンは親子連れ?   ミコアイサ | トップページ | 主の責任   続 続 ミコアイサ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今シーズンは親子連れ?   ミコアイサ | トップページ | 主の責任   続 続 ミコアイサ »