野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

早朝散歩

カワガラス    もう営巣準備?

 紅葉狩りをかねて山を歩いてみようと下り電車にのる。通勤ラッシュと逆なので最初から椅子に座れる。

Kwg1

 終点の手前で降りて渓流沿いをさかのぼってみる。角度の低い朝陽に照らされた川の流れはコントラストがきつい。

Kwg3

 光る水面を見ると何か潜っているような水の動きが見える。日陰で良く見えないが黒い鳥が動いている。

Kwg5

 強い陽射しを手びさしで遮って水面をよく見ると、カワガラスの姿がそこにある。久しぶりのカワガラスである。

Kwg11

 川の流れの水に潜って採餌中のようである。水から上がると嘴に川虫のようなものを銜えている。尾羽をピンと立てて水けをきると、下流に向かって飛び出した。

Kwg15_2

 しばらく待っていると戻ってきたが、その嘴には苔のようなものを銜えている。餌ではなさそうなのでもう営巣準備かなと思う。

Kwg16

 毎年寒の開けるころには早い雛が巣立ってくるが、もうすでに営巣準備をしているのだろうか?それにしても早いと思うが調べてみることにしよう。

 

キセキレイ    河原で

 セグロセキレイと共に河原でにぎやかさを見せているのはキセキレイである。昔はキセキレイが多くてあまり振り向かなかったものである。

Kskr1

 ところが世の中の変化というか自然の変化で、さいきん多くなってきたのはハクセキレイでキセキレイの姿はあまり見なくなった。

Kskr2

 そういえば海辺にだけいると思っていたイソヒヨドリが、このところ近所で見ることがある。これも環境の変化かもしれない。

Kskr3

 ハクセキレイももともとはイソヒヨドリと同じで、海岸の近くに多くいたらしい。それが今では当たり前にどこでも見かけるようになっている。

Kskr4

 そういう意味では、キセキレイがきちんと昔からの自分たちの棲むところを守ってきたのであって、ハクセキレイがそれを侵略してしまったのだろうか。

Kskr5

 繁殖力旺盛な鳥たちが天下をとっていくのかもしれない。そう考えると、ガビチョウの繁殖力もすごいので、今後の野鳥の世界も心配になるこのごろである。

 

 

セグロセキレイ    河原で

 河原の土手を歩いていて、周りををうるさいぐらいに飛び交うのは、いつもハクセキレイの幼鳥が多いが、珍しくセグロセキレイの姿がある。

Hksr1

 ハクセキレイはいつも無視してしまうせいか、目の前をうるさいほどにこれでもかと飛んで見せる。

Hksr2

 流れる川の丸くなった石の上を追いかけるように飛んでいるのはキセキレイとセグロセキレイである。

Hksr3

 子供同士なのかペアーを求めて戯れているのか、それぞれ同種で追いかけっこをしている。

Hksr4

 本命は見上げた崖の上に現れるはずであるが、その姿は見えないのでセグロセキレイを追いかけてみる。

Hksr111

 晩秋の水の流れには落ち葉が流されて、それが河原の石のよどんだ水たまりに固まっている。そんな石の上を、長い尾を上下に振りながら飛び移る、セグロセキレイである。

マガモ   渓流で

 週末バーダーが二週連続で所用があると、毎日更新予定のブログも更新できない日が出てくる。

Mgm1

 

 それでもカメラだけはもって出るので近くの河原や公園を歩いてみる。地元では当たり前の鳥たちもところ変われば人気者である。

Mgm2

 ガビチョウやオナガ、アオサギなどが珍しい地域もある。ここの渓流ではカワセミが珍しいらしく、多くの人が狙っている。

Mgm3

 ここは流れがある川なのでカワセミも飛んでくるが、川下へ下ると上ってくるのはかなりの間がある。

Mgm4

 川沿いをぶらぶらしてみると、カルガモと一緒にマガモの姿がみえる。太陽の光にメタリックのグリーンがきれいなので思わずレンズを向ける。

Mgm5

 こんな時でもないとあえてマガモを狙うことは少ない。週末、他の用で出張した地域での鳥見である。

ジョウビタキ    壁と戯れ

 早朝の散歩をしていると、民家の壁に飛び着いているジョウビタキのオスの姿がある。何をしているのか不可解である。

Job1

 何度も何度も壁に向かっている。そのうちに屋根の上に留まったかと思うと、再び戻ってきて、今度はアンテナである。

Job2

 BSテレビのアンテナと思われる上に留まって、しばらく周りを眺めていたと思ったら、また壁に向かっている。

Job3

 どうも壁にある縦長のガラス窓を狙って中に入ろうとしているようである。以前も車のバックミラーに映る自分(鳥)に向かっていることもあった。

Job4

 冬鳥としてきたばかりの頃は意外と警戒心が強かったが、慣れてくると人工物が珍しいのかそれと戯れていることが多い。

Job5

 特にガラスとか鏡などは格好の遊び相手になるようである。遊びというより本人(鳥)は、真剣に鏡に映る敵を攻撃したり、ガラスの向こうに行こうとしているのだろうけど、そうは見えない。

エナガ  Ⅱ   ツルウメモドキが好き?

 実りの秋、樹木の実が熟してくるので、それを食べに来る鳥を待つのも一つのバーダーの鳥撮影の手段である。

Eng11

 周りを見渡してもきれいな紅葉が見られないので、オレンジの小さな実が付くツルウメモドキへの来鳥を待ってみた。

Eng12

 混群でやってきたエナガの群れがその近くまで移動してきたので、期待して待ってみるが、足場が悪いので思うような場所を選べない。

Eng13

 そのうちに数羽がそのオレンジと赤の小さな実に取りついた。アップの良いところを狙ってみるが、動きが早い。

Eng14

 思うように追いかけられないが、ツルウメモドキが秋の雰囲気を見せてくれるので、そこに群がったエナガでごまかすことにしよう。

Eng22

 良い場面を待っていると動きが早いので、次から次へと小枝を移動していってしまう。もう少し待っていると、冬鳥も姿を見せてくれるかもしれないが、撤収の時間になってしまった早朝である。

エナガ     とりあえずレンズを

 冷え込んだ早朝、夜露に濡れた草葉を踏みながら鳥を探しながら歩く。鳴き声が聞こえるのはヒヨドリ、カケスなど。

Eng1

 何とかカケスの鋭い目つきときれいな姿をと待ってみるが、意に反して声は遠のいてしまう。逆光の樹木に見えるのはそれらしき影。

Eng2

 そのうちに聞こえてきたのは 「ジュリイィッ、ジュリイィッ・・・・」 というエナガの鳴き声である。

Eng3

 小集団の群れのようでシジュウカラとの混群である。相変わらず動きは速いのでなかなか良いところに留まってくれない。

Eng4

 それでも小枝の抜けたところに姿を見せてくれた。秋らしい背景のところに行ってくれと、願いながらとりあえずファインダーに。

Eng5

 他の鳥があまり姿を見せないので、とりあえずエナガを狙っておこうと思うが、やはりそのしぐさは愛くるしいばかりである。

 

 

 

キセキレイ   落ち葉の水辺で

 道路わきの小さな川には落ち葉がたくさん落ちている。あまりきれいに色づかないうちに落ちてしまったような葉に見える。

Kskr1

 そんな水辺で採餌中のキセキレイが、尾を上下に振りながら歩いている。ハクセキレイはよく見かけるが、キセキレイは珍しい。

Kskr2

 しかもきれいな黄色のおなかと背中の模様が目立って、魅力的に見える。上から見ているので気が付かないらしく、警戒する様子も見えない。

Kskr3

 どちらかというとハキセキレイは警戒心が薄く、キセキレイの方がそういう面では警戒心が強いと思われる。

Kskr4

 水辺の石の上で、長い尾を上下に振っているので、子供のころは「石たたき」と呼んでいたものである。

Kskr5

 そのうちに上の方からカメラをのぞかせていることに気が付かれて、身の危険を感じたのか飛び去ってしまった。

カワガラス    思いがけなく

 いないと思っているものが突然姿を見せてくれると、驚きと共にうれしいものである。そんなカワガラスに出遭った。

_dsc7867

 冷え込んだ早朝、色づいた葉に何か留まってくれないかなと思いながら川沿いを歩いてみると、カワガラスの鳴き声が聞こえる。

_dsc7868

 枯れた草と大きな石ころがごろごろしている河原の水の流れてところを見ると、警戒心から飛び去った後のカワガラスの後姿。

_dsc7869

 上流に飛び去ったと思ったので、枯葉の上を流れる水を見ながら少し上の方へと歩を進めてみる。

_dsc7870

 上空からはカケスの鳴き声が聞こえてくるので、どちらかというとそちらの方が魅力的なので探してみる。

_dsc7871

 いつも通り声はするけど姿が見えずで、あきらめて川下へと移動すると、橋を渡ろうとするその向こうのコンクリートの堰堤に黒いものが見える。

_dsc7874

 カワガラスである。なんと上流へ飛んだと見せかけて下流に来ていたのである。その上その下の河原の石の上には、メスの姿も見える。意外なところで思いがけなく出遭ったカワガラスであった。

 

モズ    静かな河原

  モズの高鳴きの季節が終わったのか最近は静かになった河原である。縄張りも決まったのかこれから伴侶探しになる。

Moz1_2

 モズはどこにでもいるので、結構人工物に平気で留まることが多い。基本的には人工物に留まる鳥は、あまり絵にならないので好きではない。

Moz2

 やはり自然の中にいてほしいとおもうのである。ところが猛禽の上位にいるオオタカとかハヤブサ、幻の鷹と言われるツミやチョウゲンボウなども人里近くで営巣することが多い。

Moz3

 モズも小さな猛禽と言われているので、人里に多いのかなと思う。それだけ山の中よりも里山の方が餌にありつけるのかもしれない。

Moz4

 河原のモズを見ながらの猛禽考である。

 

 

より以前の記事一覧