野鳥たち

  • アカゲラ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

空と雲

新年おめでとうございます  ウルルの夜明け

 新しい年を迎え第二の人生行路を歩み始めました。今までより少し時間的に自由になり、やりたいことがやりたい時にできるようになりました。

14_12_01__4632
         ウルルの夜明け  地平線からのサンライズ

 世界遺産めぐりを続けていますが日本では、小笠原諸島が残っています。海外では次に南米を目指しています。

14_12_01__4633
         朝陽に赤く染まるエアーズロックを登ってきました

 新しい年に実行できるよう日々健康に気を付けて、鳥を見ながら夢を実現させていこうと思っています。新年もよろしくお願いいたします。

初日の出   多摩丘陵から

 新年あけましておめでとうございます。2014年は快晴の初日の出であけました。

Hinode

 ここ多摩丘陵では6時51分に東南の空に陽が上り始めました。あまり寒くもなく清々しい冷え込みの新年の朝でした。

Photo

 羽田沖方面からの日の出は丸く大きく真っ赤な太陽です。新しい年の健康を祈念して合掌。

Photo_2

振り向けば丹沢山系の向こうに、その頂きに白い雪を被った世界遺産富士山が赤く染まり始めました。

Photo_3

2014年、新しい年が良い一年になりますようお祈りいたします。

アオスジアゲハ  鮮やかな青のパステルカラー

 9月の声を聞くと季節では秋であるが、まだ日中の暑さは真夏のそれである。それでも朝夕は少し過ごしやすくなってきたのでうれしい。

_0990_edited1

最近はクールビズとかで、夏の間はノーネクタイでビジネスもできるようになったが、今思うとあの暑いときによくネクタイをきちんと締めてスーツを着ていたものだと、古の思い出のように考えることがある。

_1001_edited1_2

9月に入ると暑い日を残暑というが、空を見上げると高い空に秋の雲があるかと思うと、真っ白なもくもくとわき上がるような夏の入道雲がそれに割って入ってくる。

_1052_edited1

そんな猛暑日に少しでも涼を求めて多摩川の河原を歩く。土手を降りて背の丈もある葦原をかき分けて、ごろごろとした石のある水辺に出て、流れの間を大きな石の上を伝わりながら歩く。

_1093_edited1

バランスを崩すと川の中に落ちてしまうが、靴が濡れるぐらいで済みそうな場所である。いつもいる水鳥たちが遊んでいるところに、大好きなアオスジアゲハの姿が見える。

_1164_edited1

普段の飛び方は敏捷で飛翔が高く、樹木や花の廻りをめまぐるしく飛び回っていることが多い。姿としては、翅は黒色で前翅と後ろ翅に青緑色のパステルカラーの帯が貫いている。

_1121_edited1

この、黒と青のパステルカラーの翅できびきびと飛び回る姿が気に入っているところである。水のあるところで吸水するときは翅を閉じて止まることが多く、なかなか止まって翅を開いている姿をみせてくれない。

_1123_edited1

今日の暑さに参ったのか、河原の水たまりでの吸水時間が長い。翅を閉じているときは翅の裏側のきれいな模様が見えるのでうれしいが、大きく両側に開いたところも見たいのであるが、そのチャンスを与えてくれない。

_1136_edited1

吸水場所を変えるときに飛び回るので、飛翔時にそのチャンスを狙うことにする。照りつける太陽の陽射しに額から流れる汗をぬぐいながら、足場に気をつけての撮影行である。

日本の屋根  アルプス遠望

富士山の雄姿は別格としても、日本アルプスは連休の青空に白い雪を被った峰々を見事に映していた。

Photo

        南アルプス 赤石岳

大鹿村の夕立神のパノラマ展望台に上ると、南に赤石岳を中心とした南アルプスの山々、西の方向には宝剣岳、木曽駒ケ岳、御岳山の中央アルプスの白い山容が見える。

Photo_2

       中央アルプス 宝剣岳、木曽駒ケ岳

「日本アルプス」という命名は、飛騨山脈を調査したイギリス人鉱山技師のウイリアム・ゴーランドがヨーロッパのアルプス山脈に因んで、そこから見える山脈を「日本アルプス」と紹介したのがこの名前の由来といわれている。

Photo_3

       南アルプス 赤石岳

一般的には、「日本アルプスの父」と呼ばれているイギリス人宣教師のウォルター・ウエェストンが盛んに日本アルプスに登り、ヨーロッパにも日本アルプスの名を紹介したという。

_3064

       中央アルプス 宝剣岳、木曽駒ケ岳、三ノ沢岳

北アルプスの玄関口上高地にはウェストン碑があり、毎年ウェストン祭が行われている。ここ大鹿村にも赤石岳が望める小渋川沿いにウェストンの碑がある。そして、上高地のウェストン祭の後にここに泊まる登山家もあるらしい。

_3054

       南アルプス 烏帽子岳

南アルプス、中央アルプスを見た後は、さわやかな五月の風の中を、一路中央高速を北へ上り北アルプスの雄姿を見ることにする。

_2212_edited1

       北アルプス 鹿島槍ヶ岳、五龍岳、白馬岳

甲信越自動車道の長野インターを降りて、善光寺の裏の七曲りを登って戸隠へと向かう。新緑の白樺林を抜けると一斉に視界が開け、正面に雪の北アルプスのパノラマの風景である。

Photo_5

        戸隠山と鏡池

その手前には、峻険な威容を誇る戸隠山の連邦が連なり、春遅い北信濃の自然あふれる風景が広がる。

_2211

       戸隠連峰

日本アルプスは、飛騨山脈を「北アルプス」、木曽山脈を「中央アルプス」、赤石山脈を「南アルプス」という。今日は、日本の屋根といわれているその素晴らしい威容すべてを眺めることができた。

最近の空   日の出と日の入り

東から上っていた太陽が日の出の時間が遅くなるにつれ、東南東へと位置を変えていく。季節の変わり目のせいか最近の空模様は不安定な日々が続く。

_8821

       日に出前

早朝からの雷鳴や地域集中的なスコールを想わせるような大雨が降る。今日は朝から雨だと外出をあきらめていると、青空が出てきて太陽の光がさしてくる。

_8848

       多摩川の日の出

雨上がりの多摩川を歩くと、河原の草木が増水のために横倒しになり、かなりの水量が流れたのだという形跡をみせる。川の流れも変わって真ん中に大きな流れがひとつできている。

_9149

        富士山夕景

相変わらず雲の動きが速いので、陽は射しているもののまた大雨が降りそうな天気である。こんな空模様ではあるが、最近は朝焼けと夕焼けがきれいなときがある。

_9136

        富士山シルエット

昔から、朝焼けがあるときは天気が悪くなり、夕焼けがきれいだと次の日は晴れるといわれていたが、昨今の気象状況を見ているとどうも様子が少し違うようである。

_9153

        西南西の日の入り

最近の空模様は、過去の経験則では推し量れないのかも知れない。急速に進むグローバル化の時代、国境のない情報が瞬時に世界を駆け巡る。空模様だけでなく、政治経済も同様な動きを感じるこの頃である。

太陽と月  多摩川の東西の空

暑い暑いといっていた8月も終わり、今日からはもう9月である。各部屋にあるカレンダーの8月分を破りとり、9月の新しい日付になるとカレンダーのデザインも何となく秋らしい風景やデザインが多くなる。

_6989

        西方の夜明けの満月と雲

最近の多摩川は朝焼けがきれいだという、東の空から上る太陽と雲の織りなす光の競演にシルエットとして東京スカイツリーをどう入れるかと、毎日の日の出の位置でそれぞれ苦労をしてファインダーに納めている。

_7006_2

仲間のブログを見ていると、天気の具合にもよるがなかなかうまく捉えている。私も負けないで挑戦しようと、今朝はいつもより早めに合流点に着くように家を出た。

_7019_2

 多摩川の土手を歩いていると、東の空も赤く染まり始めたが西の空には満月のお月さまが光っている。白々明けの空の雲の様子は、朝から入道雲のように勢いよく上空に向かって沸き立っている。

_7023

        東方日の出前の多摩川

確かに、いつもより雲の様子がおかしいので、今日の天気はあまり期待できそうもない。東の空も雲は厚くきれいな日の出にはならないだろうと思いながら、遠くに見える都庁舎の二本の高層の建物の間に東京スカイツリーが見える位置を見つける。

_7031

        都庁舎と東京スカイツリー

しばらく河原の鳥たちの動きを見ながら日の出を待っていると、雲を赤く染めながら大きな太陽が上り始めた。丸くオレンジに輝く輪郭は厚い雲に邪魔されて良く見えないが、朝の静かな川面にその光を映しながら周りの風景を照らしている。

_7079_2

        日の出と朝焼け

そんな日の出の場面が終わると、雲行きがあやしくなって黒い雲が低く垂れこめるようになってきた。時々雷の音が聞こえるようになり、遠方の都庁舎が靄で隠れるように見えてくると。ポツリポツリと水滴が落ちてくる。

_7088_3

               不気味な暗雲

大したことはないだろうと思っていたが、雷鳴が近くで聞こえるようになると雨足も強くなり、空が暗くなってきた。自分は濡れても構わないが、カメラとレンズを濡らすまいとシャツの下に隠し駆け足で急いで車に避難した。

_7094

車のドアを閉めた途端に、それこそ”バケツをひっくり返したような雨”という表現そのものの大雨になってしまった。車のフロントガラスに打ち付ける雨で外は全く見えない。後10秒でも遅れていたら、ずぶぬれ状態だっただろうと思うと安堵の胸をなでおろした。

_7112

         都庁舎と東京スカイツリーのシルエット

30分ほどで大雨は上がったが、その後もあまり気にはならない程度の小粒の雨ではあるが降り続いていたので、7時半ごろには引き上げることにした。この大雨も晴天続きの昨今の植物には恵みの雨といったところだろう。早朝の太陽と月、雷雨の競演でした。

天体ショー  金星、月、木星が一直線

今年度最後の週が始まり、週明けの会議が終わり帰路に着く。いつも新宿の電車に乗るときにかみさんにメールを送る。

_1179

             上から 金星 月 木星

混雑した電車でも、文庫本を読んでいると30分ぐらいで家の最寄りの駅に着く。駅に着く前にトンネルをくぐるが、その時にポケットに入れた携帯電話のサイレントバイブが響く。

_1205

          2012年3月26日 19時51分

何事かとメールを見るとかみさんからのメールで、「きょうの空には月と金星と木星が一直線にきれいに並んでいるから見てみれば」というメールである。

_1189

         上弦の月

電車を降りて家へ向かう道すがら、西の空を見上げると明るい星が並んでいるところに上弦の三日月が割り込んで上下に一直線に並んでいる。

_1154

夜空を眺めながら家に入ると、かみさんが「すごい天体ショーでしょう」と興奮気味。部屋に入ると夕餉の香りと冷えたビールが並んでいるが、取り急ぎ着替えてからカメラを持って再び外に出る。

_1161

石段を登り開けた高台に出ると、三日月を挟んで二つのの明るい星がたてに並んでいる。宵の明星といって冬は金星がきれいに見えるが、、上弦の月の上に金星、その下に木星と周りの星もかすんでしまうくらいに明るく輝いている。

_1212

まさに、”一期一会”である。こんな素晴らしい天体ショーが見られるとは夢にも思っていなかった。好奇心の旺盛なかみさんのおかげである。週の初めからいいことがあり、今年度も良い年で締めくくれそうである。感謝、感謝 「謝謝」。

冠雪の富士  山中湖遠望

夏場の富士山は早朝に雲がなくきれいに見えていても、大抵10時ごろには雲が出て来て頂上付近は隠れてしまうが、今日の富士山は雲一つなく頭に白い帽子を被りその雄姿を見せてくれている。

_0333

せっかくだからその雄姿を間近で見ようと車のハンドルを握る。道志温泉がある道志道をひた走ると、時折山々の間にその白い嶺だけを覗かせる。雲が出ないうちにと急ぐので車を止めて眺めるでもなく、道路の端に雪が残る林道を走る。

_0337

山中湖畔に出ると水際には富士山の写真を撮る人たちが数人、どこかの写真教室の現場実習のようである。話を聞いていると、今日の4時44分頃には夕日が富士山の頂上に沈むダイヤモンド富士が見えるらしい。

_0350

興味深いことを聞いたので、その時間まで待って瞬間をカメラに収めたいなと思いながら、後ろ髪引かれる思いで帰路に着く。残念ながら、なぜかというとカミさんを6時半に迎えに行く約束をしているので今から戻らないと間に合わないのである。

_0353

       山中湖と中央アルプス

富士山と山中湖を見下ろせるススキの原が広がる峠を上り、帰り道を急ぐことにしたが、あまりにもいつまでも富士山がきれいなので車を降りて、遠くに見える雪の中央アルプスから富士山、山中湖をもう一度眺めていると、青い空にハイタカらしき猛禽類がホバリングをしているではないか。

_0378_edited1

        ホバリング中

しばらく双眼鏡で眺めていたが、いつまでも遊んでいるので三脚をセットして長玉で狙ってみた。天気がいいのでハイタカも機嫌よくホバリングを続けている。

_0374_edited1

ホバリングをしたらきっと獲物を見つけて狩をするだろうと期待しているけど、なかなか行動に移さない。若鳥がホバリングの練習をしているようにも見える。広く青い空にたった一羽の鳥、見るからに気持ちよさそうである。

_0366_edited1

この次は朝からこの場所に来て鳥を追いかけようと決めて、峠を越えて下ることにした。この峠道を登っていく若いカップルのハイカーが楽しそうに元気に歩いている。山登りをした若いころを思い出しながらゆっくりと追い抜いていく。

「犬も歩けば棒にあたる」を良いほうに解釈して、やはり行動しなければ変化と新しい発見は見つけられないなとつくづく感じた一日であった。「食べるのは一口づつ、歩くのは一歩づつ」一の積み重ねが重要だと改めて感じたところである。

皆既月食 冬の夜空に欠けゆく月

 冷え込みは厳しいが朝の7時を過ぎると太陽が昇ってくる。霜の降りた師走の公園を歩いているとこの太陽の光が暖かさをはこんでくれるが、後ろに映る長い影は冬の陽射しである。

_9613_edited1

       午後9時ごろ

 遠く富士山の山頂が丹沢山塊の後ろに真っ白に見える。空気が澄んで久々の快晴の朝の景色である。

_9614_edited1

       午後9時50分ごろ

 今日の夜は皆既月食が見られるというが、この天気だと最高のコンディションで天体ショーがみられそうである。夜が来るのが楽しみである。

_9617_edited1

 12月の日没は早い。4時半を過ぎると辺りが暗くなり始め、陽がすっかり沈み辺りが真っ暗になると東の空にきれいな満月が昇ってくる。

_9619_edited1

 暗くなった空には雲一つなく輝き始めた星と大きな丸い月だけである。絶好の月食日和である。日本の各地で見られるこの好条件は、2000年7月以来だというから実に11年ぶりである。

_9625_edited1

 皆既月食は月が地球の影にすっぽりと入ってしまう。太陽と地球、月が一直線に並んだときに起きる。考えただけでも楽しみな現象がみられる。

_9630_edited1

 食事を終えて暖房のきいたリビングで、韓流のDVDを見ながらその時を待つ。午後9時50分ごろから南東の空にある月が欠け始めた。幸い我が家はベランダからその月を見ることができるのでじっくりと観測することにした。

_9651_edited1

       午後11時ごろ

 夏の季節であれば、外に出て芝生にでも寝転がってみるのがいいのだろうが、この季節ではそうもいかない。30分から1時間おきにその都度サッシを開けて外に出てみている。

_9667_edited1

 月食は日食のようにきれいに欠けないのは、地球の大気がレンズの役割りをするため、月は影に入っても真っ暗にはならず、明るいオレンジ色から黒っぽい色まで様々な色になるといわれている。

_9673_edited1

 午後11時ごろになると食の最大になり約50分ほど月は地球の影に隠れてしまった。月はちょうど空の真上に上ってきているので、見上げるにも首が疲れるがオレンジ色に見える月を眺めているとそれも忘れて冬空に広がる天体ショーを見ている気分である。

_9403_edited1

       午前0時30分ごろ

 0時前になると月はやや西の方角に移動して、今度は小さな三日月がだんだんと大きくなり始め、11年ぶりに日本全国で見られた天体ショーが幕を閉じようとしている。寒い夜に何度もベランダを出入りして、時間を経つのも忘れて見入ってしまったが、寒くても宇宙へのロマンを感じる一夜であった。

日本晴れ  雲ひとつない空

 上信越自動車道を長野から松本方面に向かい明科のトンネルを抜けると正面に北アルプスの雄姿が見える。白馬三山の頂には雲がかかっているが、その他の北アルプス連峰はよく晴れてその姿が見える。

_9224

 中央アルプス方面は雲ひとつなく、いわゆる「日本晴れ」という感じである。昨日は雨で見られなかった山々が今日はうそのようにきれいに見える。ここにハクチョウが飛んでほしいと思いながら、コハクチョウの姿を探して安曇野の田んぼ道を走る。

_9221_edited1

              トビ

 採餌のためにねぐらを離れているハクチョウたちは、たぶんこの辺に居るだろうと思って田んぼの中を走っているが、いつも居るところにはいないようである。今日はどこに行っているのだろうかと思いながら見渡すが一羽の姿も見えない。

_9225

       五龍岳方面

 正面に見える常念岳、燕岳、針の木、爺ヶ岳、五龍岳から遠く白馬三山までが澄んだ青空の下に頭を白くした雪景色が映える。

_9249

       常念岳

 コハクチョウがねぐらにしている御宝田に帰ってくるまで待っても居られないので、そろそろ引き上げることにしたが、この天気と景色は捨てがたく後ろ髪引かれる思いで安曇野を後にした。

_9238

        御宝田貯水池

 まだ来年の三月ごろまではコハクチョウもここに居るだろうし数もさらに増えるかも知れないので、もう一度チャンスを狙って来ようと決めて帰路についた。

_9253_2

       八ヶ岳連峰           

 日本晴れの中央高速は、途中八ヶ岳の雪を被ったその姿もきれいに見せてくれる。中央高速道路最高地点1,015m付近では唐松や冬を迎える田畑の向こうにそびえる雄姿は思わず車を止めて眺めたくなる光景である。

_9252

              八ヶ岳

 中央高速の上り腺は空いていて快適に走る。しばらく走ると雲ひとつない青空の下に、日本一の山富士山がその雄姿を見せ付ける。やはり頂上に雪を被った富士山の姿は一番美しい。走っている場所によって裾野まで見せてくれるところ、五合目付近からしか見えないところといろいろあるが、高速道路上は途中で止まることができないのが残念である。

_9261             

             双葉SAより

 「日本晴れ」というのは雲ひとつない快晴の空をいうのであるが、正式には一割程度の雲があっても「日本晴れ」というようである。安曇野では北のほうに少し雲があったが、岡谷トンネルを抜け諏訪湖を越えてからは雲ひとつなく、まさしく日本晴れである。

_9259

  半ば嵐のような早朝に出た今回の旅も、帰りには雲一つない日本晴れで気持ちも晴れ晴れする。笹子トンネルを抜け快適に走る高速道路、日本経済のこの閉塞感のある長いトンネルはいつくぐり抜け日本晴れが見られるのだろうか。行動力のある責任を持った言葉を吐ける大臣に期待したいものである。