野鳥たち

  • アカゲラ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

公園散歩

キクイタダキ  菊のご紋は?

 冬鳥の到着でにぎやかな公園を歩いていると、鳥たちもたくさんいるがカメラを持った人たちも多い。

Kiku0

 鳥の中でも一番小さい一種といわれているキクイタダキ狙いである。数年前には群れで入ってくれたので見つけやすかったが、今回は難しい。

Kiku1

 エナガとメジロの混群の中にいるので、忙しく動きまわる鳥たちの中から見つけ出すだけで苦労する。

Kiku2

 とりあえずそれらしき姿を見つけたら連写するしかない。本来は正面から頭にある菊のご紋を撮りたいのだが、それもなかなかかなわない。

Kiku3

 菊のご紋が見えたら、それが立っているところがベストショットになる。それをファインダーに収めるには、ゆっくりと良いところに出てくれないとかなわない。

Kiku4

 連日詰めている人でもなかなか撮れていないので、初めての人はダメだよと言われているような公園のキクイタダキ詣でである。

ヤマガラ    同じマユミで

 メジロが引き下がって「ニーニーニーニッ、・・・・・」と、猫のような鳴き声で姿を見せたのはヤマガラである。

Ymg1

 ヤマガラは少し前までエゴの木の実を、その実にぶら下がって採っていたが、マユミの実はそこまでしなくても嘴が届くので、上品にくちばしで採っている。

Ymg2

 それでも両足で抑えて食べる姿はヤマガラの独特の食べ方である。公園を歩いていても「コツコツコツ・・・・」という音が聞こえると、近くにヤマガラがいるなとすぐにわかる。

Ymg3

 ところがマユミの実は小さいので両足で抑えてはいるが、その独特の音は聞こえてこない。

Ymg4

 足元に抱えた種子を食べながら、時々警戒心からか周りを見渡してはその作業を続ける。その時はちょっとたれ目に見える表情がよく見える。

Ymg5

 エゴの実の時は越冬の蓄えとしてある隠し場所に運んでいたが、マユミの実はその場で食べつくしている。

Ymg6

 もうそろそろ本命がこの実に取りついてくれるのではと、紅葉した葉がひらひらと落ちる栗の木の下で、じっと待っている公園である。

 

 

メジロ   レストラン「マユミ」で

 公園のモミジも終わるとすっかり葉が落ちて、そのあとには熟したきれいな色の実が残る。散策路も一面が落ち葉になり、それを踏む足音が大きくきこえるようになる。

Mjr1

 マユミの木にはまだ少し緑の葉が残っているが、ピンクの額が開いて中の種子がよく見えてくる。

Mjr2

 この時季になると公園の鳥たちは一斉にこの実を食べにやってくる。レストラン「マユミ」の繁盛する季節である。

Mjr3

 背景がもう少しきれいに抜けてくれると、思い通りの画像になるのだが、お客様も思うところに位置取りをしてくれない。

Mjr4

 そうかと思って此方が動くと、後ろの藪の中にいったん隠れてしまう。しばらく待っているとまた出てきてくれるが、思うようにいかないのは世の常である。

Mjr5
 本音はメジロではなくほかの鳥を待っているのであるが、鳴き声は聞こえるが姿を見せてくれないレストラン「マユミ」である。

Mjr6

 この実にはたくさんの種類の鳥たちがやってくるので楽しみであるが、もう少し葉が落ちてすっきりしたころに再度挑戦したいものである。

ヤマガラ   新ヤマガラ飛び?

 2020年の東京オリンピックまで1000日と盛り上がらせようというイベントが多くなってきたが、53年前の東京オリンピックの体操の跳馬で、山下選手が新山下跳びの新技で金メダルをとったことを知る人は少なくなった。

Ymg111

 最近の体操ではG難度、H難度とか難しい技が増えてきた。それだけ競争が激しく普通の技では勝てなくなってきたのだろう。

Ymg222

 子供のころ鉄棒が苦手で、逆上がりがなかなかできなかった。あるとき何度も挑戦しているうちに、ひょっとした時にスーッとできてしまった。

Ymg333

 ちょっとしたコツがわかると簡単にできるようになった。その時はうれしくて何度も何度も繰り返したものである。

Ymg444

 公園を歩いていると、枯れて枝ばかりになった草に小さな実がたくさんついている。その実を採ろうとしているヤマガラを見た。その光景はまさに”新ヤマガラ飛び”かと思った。

Ymg555

 地面の枯草の中から飛び出しては、アクロバットのような飛び方をして草の実を採る。同じことを何度も何度も繰り返している。

Ymg666

 何回も繰り返しているその姿は、見ていると何か楽しんでいるようにも見える。子供のころ逆上がりができて、喜んで繰り返した光景を思い出しながら見ていた公園の新ヤマガラ飛びである。

 

ジョウビタキ♂   まだ警戒心で距離が

 早朝の河原の土手を歩いてジョウビタキの姿を見てから、声はすれども姿は見えずの日々が何回かあったが、最近は樹木の枝でよく見かけるようになった。

Job1

 冬鳥たちはメスが早く到着するのか、鳴き声を聞いて姿を探すと、早い時季に見かけるのはメスの姿が多い。河原で何度か見かけたジョウビタキもメスであった。

Job2

 メスもオスも4年目ぐらいになると、色もきれいになってそれなりに貫録も出てくる。そういう目線で見ると、このオスはまだ若いオスのように見える。

Job3

 毎年やって来てくれる冬鳥たちであるが、何とか秋の気配が残っている背景でファインダーにと思うので、まだ警戒心は強く距離はあるがついつい追いかけてしまう。

Job4

 もう少しすると雪が降って、それの背景でとなるとまた違う舞台で注目の的になるが、次々と珍しい冬鳥たちが到着する申し訳ないがジョウビタキの前は素通りしてしまう。

Job5

 それでもオスとの出遭いを求めていたので、あまり背景は気に入らないがうれしい被写体となってくれた。

シロハラゴジュウカラ  Ⅱ  紅葉狩りをかねて

  鳥の名で「ゴジュウカラ」というと「シジュウカラ」はいるので、「ロクジュウカラ」という鳥はいないのかと考えることがある。

_dsc5959

還暦を過ぎた現在、周りを見ると高齢者が元気である。そういう自分も人生「六十から」と意気込む。

Gjy51

 往年のプロゴルファー、83歳で亡くなられた宮本留吉さんのこんな揮毫を見た。「人の世は山坂多い旅の道」 年齢の六十に迎えが来たら。

Gjy52

 還暦・・・六十歳・・・暦がかかった生まれたばかり。 古希・・・七十歳・・・まだ十歳の青二才

 喜寿・・・七十七歳・・・これからだ、恋をするのは楽しいね。

Gjy53

 傘寿・・・八十歳・・・人生自立の年が来た。 米寿・・・八十八歳・・・そろそろ嫁を迎えるか。

 卒寿・・・九十歳・・・仕事を張り切るこの頃よ。 白寿・・・九十九歳・・・ちらほら白髪が見えてきた。

 茶寿・・・百八歳・・・抵抗の年、青春を取り戻せ。 皇寿・・・大いに張り切れ、まだ還暦まで九年ある。

 「念ずれば花ひらく」 ゴルフ一筋 宮本留吉。

Gjy54

 日本最古のプロトーナメント、日本プロの第一回大会優勝。日本オープン最多の6勝を挙げている実力者。

Gjy55

気分だけでも「生涯現役」、健康で周りの人に迷惑をかけないようにしたいものである。

_dsc5961

 人生100年といわれている昨今、第二の人生はこんな生き方も面白いなと、紅葉真っ盛りの公園を歩きながら考えた。「念ずれば花ひらく」と。

 

 

 

シロハラゴジュウカラ  幹を上ったり下ったり

 暖かい日差しが出てきた枯葉散る公園の森の中、目の高さを横切った鳥はシロハラゴジュウカラである。そういわれて改めてみると、白い腹が目立つように印象的である。

Gjy41

 樹木の幹を上の方に上ったかと思うと裏側に回ったり、いつの間にか下の方に降りてくる。その動きは速く時折考え事をするように頭を持ち上げて止まる。

Gjy42

 いつも見ているキツツキなどは飛んできたときに幹の下の方に取りついて、嘴で樹木の皮をつつきながら上の方へと登っていき、高いところに到達するとほかの樹木に移る。

Gjy43

 だからキツツキを観察するときは、見えなくなってもその先を予測すると姿を見せる。ゴジュウカラの場合は上がったり下がったりと自由自在に動ける。キツツキなどと違って、見えなくなったときに次にどこに現れるか見当がつかない。

Gjy44

 樹木の根元の方に降りてくると、じっと地面の枯葉を覗き込んだりもする。そして地面に降りて落ちた枯葉の間に嘴を突っ込む。

Gjy45

 本当によく動く、目の前の樹木の幹を上ったり下りたり裏側に回ったりと、忙しく動きまわるシロハラゴジュウカラの朝食である。

 

エゾアカゲラ    北の国の公園で

 キツツキ類では北の国でいつも出遭いを期待しているのは、クマゲラ、ヤマゲラ、コアカゲラなどである。

Akg1

 「風のガーデン」ではクマゲラに出遭ったが、いまだにヤマゲラには遭ってない。ゴジュウカラを観察していると、目の前の樹木に姿を見せたのはアカゲラである。

Akg2

 アカゲラとエゾアカゲラの違いはといわれるとよくわからないが、地元の人たちは単にアカゲラと言っている。

Akg3

 でも他から来た人は、北の国にいるアカゲラはすべてエゾアカゲラかなと思う。そう思わないとせっかくの北の国の楽しみが半減する。

Akg4

 ということでエゾアカゲラとの遭遇として観察する。違いはといわれると微妙に背中の白い羽毛が違うような気がする。

Akg5

 そんなこんなで思わぬ鳥たちと出遭うことができた北の国の早朝の公園である。ここでも早起きは三文の徳を実感したしたところである。

 

シロハラゴジュウカラ   紅葉の採餌

 枯葉を踏み樹木の紅葉を見上げながら歩いていると、早朝の静かな公園に聞きなれない鳥の鳴き声が響き渡る。

Gjy31

 でもどこかで聞いたことのある鳴き声である。なんだったかなと思いだし、考えながら鳴き声の聞こえる樹木にその姿を探して近づく。

Gjy32

 すると目の前を横切るグレーの鳥の姿。素早く飛翔姿を目で追って止まった枝に視線を向けると、なんとゴジュウカラではないか。

Gjy33

 よく見るとゴジュウカラにしては色が白く見える。そういえば北の国のゴジュウカラは亜種で、シロハラゴジュウカラと呼ばれているのを思い出した。

Gjy34

 そんな目線で見てみると、お腹の部分が白いかなと改めて見直してみた。これもまた人慣れしているというより、人通りの少ない公園で人と自然が融合しているような雰囲気を感じさせ、結構近くまでやってくる。

Gjy35

 背景が赤や黄色の樹木の葉が入るので、その姿が引き立ってよく見える。唯一逆さに歩く鳥として知られているが、こんな身近で出遭うとは思ってもいなかったうれしい光景である。

 

オシドリ  Ⅱ  優雅なメス

 子育てを終わったばかりのオシドリのメスが、秋色に染まった森の池の水面を滑るようにのんびりと動いている。

Osd21

 その動く周りの水の波紋が朝の陽の光できれいに見える。池に映る紅葉の色が波紋の動きに揺れてそのグラデュエーションが見事である。

Osd22

 一般に鳥の世界はオスがきれいに着飾ってメスが地味な装いであるが、オシドリの世界はさらにオスはきらびやかというほどきれいである。

Osd23

 一方メスはそれほどでもないが、比較すると地味である。地味ではあるが落ち着いたスタイルで、控えめな装いとやさしい目をしているので好きな鳥である。特に目元が優しい雰囲気を見せる。

Osd24

 こんな光景を見せびらかして相手を探しているのかと感心する。オシドリのペアーは一シーズンだけなので来シーズンの伴侶探しというところか。

Osd25

 オシドリの地味で控えめなメスが華やかに見える、秋色に染まる森の早朝の公園散歩風景である。

 

より以前の記事一覧