野鳥たち

  • ノゴマ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

公園散歩

ツミ    抱卵中

 ツミを和名で見ると、”雀鷹”と表現する。鷹類の中では雀扱いなのかと思うが、鋭い目つきや脚の爪などを見ているとまさに猛禽類であると思う。

Tum1
          ツミ ♀

 正確にはタカ目タカ科ハイタカ属に分類されている。大きさを見るとハトぐらいかなと思っているが、意外と小さく感じるときがある。それにしても雀扱いはないだろうと思う。

Tum2

 いつも公園を歩くと夏鳥が少ないなと感じているが、猛禽類を期待しながらさらに夏鳥を探しているところが問題点になる。猛禽類がいると、小さな野鳥たちは身を隠してしまう。

Tum3

 どちらかにしろよと言いたくなるが、どちらも出遭いたいのである。今シーズンも期待に応えてくれて、その猛禽類が営巣をしている。

Tum4
         ツミ ♂

 当然他の野鳥たちは身を守るために姿を見せなくなってしまう。さらに、小さな野鳥たちの憩いの場、水場まで占領されてしまっては何をかいわんやである。

Tum5

 緑が濃くなってきた森の営巣場所をひそかに覗いてみると、メスが抱卵中の一休みで、オスの獲物を待って、羽繕いやストレッチしながらコナラの枝で寛いでいる。

Tum6

 しばらくすると朝食を持ったオスが戻って、メスに餌渡しをして、一仕事終わったという雰囲気で休んでいる姿が見える。周りを警戒しながら目が合うと飛び出してしまったが、今シーズンも、無事に雛たちの白い産毛姿が見えることを期待したいものである。

 

 

アカハラ   旅立ち?

 公園のアカハラも最近はよく姿を見かける。例年この時期になると全員集合して繁殖地へ旅立つようである。

Akhr1

 普段はあまりその姿を見ることは少ないが、このところ公園の森ではアカハラが目立つ。

Akhr2

 鳴き声も各所から聞こえてきて、かなりの数が集まっていることが想像できる。枝から枝へのシルエットだけを見ると、渡りの夏鳥を期待してしまう。

Akhr3

 夏の高原に行くと「キョローンキョローン・・・・」と響き渡る声が、涼しさを感じさせてくれるものである。

Akhr41

 でもその声をこの公園で聞くと、もう旅立ちだよと言っているように聞こえる。越冬の間はあまり姿を見ないので、こんなにいたのかとその数に驚くことがある。

Akhr5

 来シーズンもまた仲間をたくさん連れてきてほしいものである。

 

 

 

ツグミ   タンポポに郷愁を

 路傍に咲くタンポポは踏まれても踏まれても黄色の花を咲かせてくれる。それは地下茎が深く生命力のある花だかららしい。

Tgm1

 子供のころは花が終わった綿毛を、強く吹いて飛ばして遊んだものである。一息で吹くと風に乗ってかなり遠くまで飛んで行った。

Tgm6

 タンポポの花言葉はいろいろあるが、「愛の神託」というのもある。これはヨーロッパでは、タンポポの綿毛で恋占いをしたことからきているようである。

Tgm3

 一息で綿毛を全部飛ばしたら恋が成就するとも言われたらしい。子供のころはそんなことも知るはずもなく、ただ飛んでいくことが楽しかった。

Tgm4

 もしそういうことを知っていて女の子と飛ばしていたら、ロマンチックな遊びだったんだろうと思う。今世の人生も変わっていたかもしれない。

Tgm5

 そんなタンポポの花が咲く公園にツグミがいる。ツグミの名前の由来は、夏になると鳴き声が聞こえず、口をつぐんでいるように見えることからと言われている。

Tgm8

 ツグミがいるときは必ず、珍しいのが混じっていないかと、双眼鏡でくまなくのぞいてみる。ときどき迷鳥として、ウタツグミやノハラツグミ、ハチジョウツグミなどを見かけることがあるからである。

Tgm9

 一面のタンポポの花の中で採餌をしているツグミも、時々止まって見上げる後ろ姿は、旅立ちを控えた望郷の姿に見える。もうしばらくすると、こういった光景も見られなくなるのだろう春たけなわの公園である。。

 

 

 

アオゲラ   ペアーで仲良し

 今シーズンの公園はにぎやかである。以前はアオゲラが制覇していた森の樹木も、最近はアカゲラのペアーも姿を良く見せる。

Photo_19

 一時アオゲラの姿が少なくなったが、ここのところアオゲラもペアーで良く採餌をしている。しかも同じところで仲良くしていることが多い。

Photo_20

 巣作りも始まっているが、公園の良く見えるところに作ることが多い。見ていても「普通はそんなところに作らないよ」と、言われるようなところで樹木を突くドラミングの音がする。

Photo_22

  これはダミーの穴掘りなのか、本宅はもっと安全な場所に作っているのか、定かではないが、昨年も気を持たせただけで終わっている。

Photo_21

 鳥たちでにぎやかな公園の森では、メスが最初に飛んできたかと思うと、すぐにその近くにオスが飛んでくる。求愛の最中なのか?

Photo_23

 珍しく同じ樹木に取りついて、下から上の方に餌を探して上る。最初はメスが上の方にいたが、最後はオスが上になって採餌である。

Photo_24

 オスを立てて控えめに動くメスは偉いと思うのは、今の時代には通用しないのだろうか?そんなことはない。そういう精神が大事なのだと思う早朝の公園である。

 

アトリ  Ⅱ  別れを惜しんで

 バーダーのわがままで、季節が変わって夏鳥たちが来ると、今まで相手をしてくれた冬鳥には冷たい。

Photo_7

 公園のクヌギの花をついばんでいるアトリにレンズを向けているのは、一人だけである。数人のカメラを持った人も素通りである。

Photo_8

 今シーズンは夏鳥の飛来も桜前線と一緒で、一週間ぐらい早いように感じる。すでにオオルリやキビタキなどが到着したようである。

Photo_9

 ということはもちろんコマドリも公園の藪に潜んでいるかもしれない。最近公園を歩いてみると、ガビチョウが夏鳥の鳴き真似を始めた。

Photo_10

 先日はサンコウチョウの真似をしていたので、すでに公園の森に入っている可能性がある。

Photo_11

 行く鳥来る鳥で公園散歩も楽しみが多くなるが、今日はアトリとは今シーズン最後になるかもしれない別れを惜しむ光景である。

 

 

アトリ    クヌギの花と

 今シーズンわが公園ではあまり見かけなかったアトリ、クヌギの花を美味しそうに食べていた。

Photo

 旅立ち前の腹ごしらえか、人が通るとさっと奥の木に隠れてしまうが、静かに待っていると再び姿を見せる。

Photo_2

 大群で飛び回る姿も絵になるアトリであるが、こうして小さな群れでよく見ると、なかなかきれいな鳥であることが再認識できる。

Photo_3

 本来はそろそろ夏鳥たちが来ているかなと、公園を歩き回って見上げるシルエットにそれを期待していたのだが?

Photo_4

 よく見るとアトリであった。もうすでに旅立っていったのかと思っていたので、うれしい出遭いであった。

Photo_5
 「出遭いは別れのはじめ」と良く言われるが、まさにその通りである。

Photo_6

 今シーズンは結構そういう出遭いが多くなっている。別れ際に会えるというのは、まだ鳥運があるということで喜んで見送ることにする。

シジュウカラ   背中が魅力

 春の囀りが「スキスキスキ・・・・」と響き渡るシジュウカラも、どこにでもいるので、なかなかレンズを向けない鳥の一種である。

Sjkr1

 鳴き方も本来は、「ツツピーツツピー・・・」「ツッピ、ツッピ、・・・・・」が聴く人の耳によっては「スキスキ・・・・」と聞こえるのだろう。

Sjkr2

 ところがよく見ると魅力的で、正面から見ると黒いネクタイ姿で何の変哲もないが、後姿は結構きれいな色をしているので好きな鳥である。

Sjkr3

 背景によってはよく映えるが、今回はすぐ目の前の常緑樹にいるのでファインダーに入れてみた。

Sjkr4

 ツゲなのかイヌツゲなのか、緑の葉の影にある花の芽を食べているように見えるが、はたまたその陰にいる虫なのかもしれない。

Sjkr5

 背中の青みがかった羽の色は、すごく良い配色だと思ってみている鳥見人である。

 

 

 

 

エナガ    春の息吹

 「春の息吹」とは字のごとく、冬の間じっと耐えていたものが、春になって一斉に活動を始めるさまを連想させる。

Enga1

 人間でいえば肩をすぼめてとぼとぼと歩いていた人が、胸を張って肩で風切って歩いていく姿かなと思う。

Enga2

 公園の樹木も若葉が開き始めたが、やわらかい葉は緑ではなく赤っぽい色をしている。これが成長と共に黄緑色から濃い緑に変わっていく。

Enga3

 そんな小枝にかわいいエナガが姿を見せた。巣作りが終わってこれから抱卵体制に入るのか餌獲りのようである。

Enga4

 公園を歩いてエナガの営巣場所を探してみるが、今シーズンはめぼしいところにその気配が見えない。

Enga5

 エナガの魅力は普段の愛らしいしぐさもその一つだが、なんといっても巣立ち雛の団子並びである。この春はぜひともその光景を楽しみたいものである。

ウグイス    春告げ鳥

 桜の花も終わると公園のウグイスは、すっかりさえずりも上手になり、それぞれの縄張りをしっかりと主張し始める。

Ugis31

 それにしてもご機嫌で囀っているかと思うと、すぐに葉の陰に隠れてしまうのでなかなか良いところに出てくれない。

Ugis32

 樹木の若葉が広がり始めて、それをすかすように陽が当たったところに出てくれるとうれしい限りである。

Ugis321

 そんなことを考えながらウグイスの行動を見ていると、枝から枝へと渡りあいながら虫を捕まえている。

Ugis322

 単なるさえずりだけでなく、餌を獲りながら動いているようである。こうして相方を探しながらの行動は春ならではの光景である。

Ugis33

 そしてウグイスの恋が成就して営巣を始めるころには、トケン類がやって来て托卵を狙うのである。

Ugis34

 ウグイスの鳴き声が多ければ多いほど、初夏のころには多くのトケン類が期待できるのである。自然の摂理を楽しめるうれしい公園である。

 

 

オオタカ     マイホーム完成?

 昔は結婚してから二人でマイホームを手に入れたものであるが、最近は結婚年齢が高くなったせいか、結婚と同時にマイホームを持つ若者が多い。

Ootk1

 その当時は家は簡単には持てないので、家よりも自分の車を持つことが一つのステイタスになっていた。時代は変わって、最近の若者はあまり車に興味は無いようである。

Ootk2

 時代の変遷と共に価値観が変わってきているのだが、この年になると今度はものにはあまり興味がなくなってくる。

Ootk3

 何か精神的に満足感の得られるものや、それを充足できる行動に変わっていくような気がする。そんなことを考えていると、目の前を横切るオオタカの姿。

Ootk4

 以前は枝折をしてせっせと巣作りをしていたが、マイホームがようやく完成したようである。後はパートナーが気に入ってくれるかが大きな課題である。

Ootk5

 少し前まではメスも近くに遊びに来ていたが、最近はあまり見かけないので心配している。春爛漫でオオタカの恋も実ってほしいものである。

 

 

より以前の記事一覧