bs7.cocolog-nifty.com > 四国・四万十川の旅

金比羅宮

金比羅宮

一度はいきたい金比羅参り、讃岐うどんの店が軒を連ねている、どこがおいしいのか事前調査が必要。


讃岐富士

讃岐富士

金比羅宮より讃岐富士を望む


金比羅宮旭社

金比羅宮旭社

長い石段を登ってやっと旭社、本宮、奥社はまだ先、やはり1000段を上らないと。


玉の石

玉の石

道後温泉「坊ちゃんの湯」の裏手にある。願いがかなうという。


硝子博物館

硝子博物館

硝子の作品が光を伴いきれいに見える


硝子博物館

硝子博物館


坊ちゃんからくり時計

坊ちゃんからくり時計

道後温泉駅前の坊ちゃんからくり時計


坊ちゃんからくり時計

坊ちゃんからくり時計


道後温泉

道後温泉

日本最古の湯といわれている。神の湯、霊の湯がある。


四国カルスト

四国カルスト

愛媛と高知の県境に広がる四国カルストは、山肌に白い石灰岩が点在し天狗高原ではカルストの中を歩く散策路がある。


久万秋の湧水

久万秋の湧水

おいしい水でした。


久万秋

久万秋

四万十川の源流へ向かう途中の湧水


沈下橋近影

沈下橋近影


上流の沈下橋

上流の沈下橋


こいのぼりの川渡し

こいのぼりの川渡し

約500匹のこいのぼりが川幅200mの十和村の空を舞う


こいのぼりの川渡し

こいのぼりの川渡し


四万十川上流

四万十川上流

四万十川はダムのない川


四万十川上流

四万十川上流


上流の沈下橋

上流の沈下橋


沈下橋遠景

沈下橋遠景


清流四万十

清流四万十


鏡面の四万十川

鏡面の四万十川


つりばか日誌のモデルの沈下橋

つりばか日誌のモデルの沈下橋


鏡面の四万十川

鏡面の四万十川


静寂の四万十川

静寂の四万十川


佐田の沈下橋

佐田の沈下橋

欄干がないので車での通行も慎重になる。


佐田の沈下橋

佐田の沈下橋

屋形船があり風情がある。


安並水車の里

安並水車の里


用水路にある水車

用水路にある水車


四万十川の鶯

四万十川の鶯

元気に囀っていた。


鏡面の四万十川

鏡面の四万十川

静かなり


脇町の古民家のかまど

脇町の古民家のかまど


うだつ

うだつ

「うだつが上がらない」の語源になっている。うだつという火避け壁


うだつの町並み

うだつの町並み

古い藍商の面影を伝える本瓦ぶき、塗籠め壁の重厚な家々が軒を連ねている


鳴門の渦潮

鳴門の渦潮

世界三大潮流のひとつ、イタリア半島の「メッシーナ海峡」、バンクーバー島東岸の「セイモア海峡」


大鳴門橋

大鳴門橋


渦の道

渦の道

大鳴門橋の橋げたのなか、450mの遊歩道を歩いていくと足の下45mに渦潮が見える