スズメのような小鳥をよく狩ることから「須須美多加」といい、それが転じて「ツミ」になった。