bs7.cocolog-nifty.com > 野鳥たち

アカゲラ

アカゲラ


アカショウビン

アカショウビン


アカショウビン

アカショウビン


アカショウビン

アカショウビン


ワカケホンセイインコ

ワカケホンセイインコ


シマアジ

シマアジ


サンコウチョウ♀

サンコウチョウ♀


センダイムシクイ

センダイムシクイ


アカハジロ

アカハジロ


トラフヅク

トラフヅク


サンコウチョウ

サンコウチョウ


キビタキ

キビタキ


オオタカ

オオタカ


オオルリ

オオルリ


オオルリ

オオルリ


オガワコマドリ

オガワコマドリ


ニューナイスズメ

ニューナイスズメ


カワガラス

カワガラス


コムクドリ

コムクドリ


コムクドリ♀

コムクドリ♀


コマドリ

コマドリ


キジ

キジ


イソヒヨドリ

イソヒヨドリ


ハヤブサ

ハヤブサ


ビンズイ

ビンズイ


サンコウチョウ

サンコウチョウ


アメリカヒドリ

アメリカヒドリ


ノビタキ

ノビタキ


ベニマシコ

ベニマシコ


アトリ

アトリ


タマシギ

タマシギ


タマシギ

タマシギ


レンカク

レンカク


ムナグロ

ムナグロ


ケリ

ケリ


カイツブリ

カイツブリ


ムナグロアジサシ

ムナグロアジサシ


ツツドリ

ツツドリ


ツミ幼鳥

ツミ幼鳥


ササゴイ

ササゴイ


オオタカ幼鳥

オオタカ幼鳥


アオバズク

アオバズク


ゴイサギ

ゴイサギ


カワセミ

カワセミ


ヤマセミ

ヤマセミ


ヤマセミ

ヤマセミ


ホシガラス

ホシガラス


ホシガラス

ホシガラス


ホシガラス

ホシガラス


ホオジロカンムリツル

ホオジロカンムリツル


ホオジロカンムリツル飛翔

ホオジロカンムリツル飛翔


ホオジロカンムリツル

ホオジロカンムリツル


ブッポウソウ飛翔

ブッポウソウ飛翔


ブッポウソウ

ブッポウソウ


ヨシガモ

ヨシガモ


ヨシガモ

ヨシガモ


アオバト

アオバト


カワガラス

カワガラス


オオマシコ

オオマシコ


アメリカコガモ

アメリカコガモ


アトリ

アトリ


ナベツル

ナベツル


ハヤブサ

ハヤブサ


イソヒヨドリ

イソヒヨドリ


キレンジャク

キレンジャク


アメリカヒドリ

アメリカヒドリ


コミミズク飛翔

コミミズク飛翔


コミミヅク

コミミヅク


アリスイ

アリスイ


オオタカ

オオタカ


オオタカ

オオタカ


オオタカ

オオタカ


ハイイロチューヒ

ハイイロチューヒ


ハイイロチューヒ

ハイイロチューヒ


コマドリ

コマドリ


チョウゲンボウ

チョウゲンボウ


オオアカゲラ

オオアカゲラ


サンコウチョウ

サンコウチョウ


ウタツグミ

ウタツグミ


カケス

カケス


ゴジュウカラ

ゴジュウカラ


コルリ

コルリ


タゲリ

タゲリ


ヤマシギ

ヤマシギ


ウタツグミ

ウタツグミ


ヒクイナ

ヒクイナ


コマドリ

コマドリ


オオジュリン

オオジュリン


オシドリ

オシドリ


ホオアカ

ホオアカ


アオゲラ

アオゲラ


コジュケイ

コジュケイ


オオタカ幼鳥

オオタカ幼鳥


フクロウ

フクロウ


フクロウ

フクロウ


フクロウ幼鳥

フクロウ幼鳥


ホトトギス

ホトトギス


ツミ

ツミ


ツミ

ツミ


ウグイス

ウグイス


コサメビタキ

コサメビタキ


サンショウクイ

サンショウクイ


ゴジュウカラ

ゴジュウカラ


カケス

カケス


カケス

カケス


オオルリ

オオルリ


オオルリ

オオルリ


キバシリ

キバシリ


オオアカゲラ

オオアカゲラ


フクロウ

フクロウ


フクロウ幼鳥

フクロウ幼鳥


フクロウ幼鳥

フクロウ幼鳥


フクロウ

フクロウ


コアジサシ

コアジサシ


チョウゲンボウ ♀

チョウゲンボウ ♀


チョウゲンボウ

チョウゲンボウ


チョウゲンボウ

チョウゲンボウ


アカハラ

アカハラ


ノハラツグミ

ノハラツグミ


コミミズク

コミミズク


コミミズク

コミミズク


アオバト

アオバト


ハヤブサ

ハヤブサ


イソシギ

イソシギ


カワラヒワ

カワラヒワ


キセキレイ

キセキレイ


ベニマシコ

ベニマシコ


タヒバリ

タヒバリ


ホオアカ

ホオアカ


ゴイサギ

ゴイサギ


コハクチョウ家族

コハクチョウ家族


コハクチョウ

コハクチョウ


マヒワ

マヒワ


ハヤブサ幼鳥

ハヤブサ幼鳥


ヒレンジャク

ヒレンジャク


ウグイス

ウグイス


ソウシチョウ

ソウシチョウ


ミヤマホオジロ

ミヤマホオジロ


アリスイ

アリスイ


ミヤマホオジロ

ミヤマホオジロ


キクイタダキ

キクイタダキ


ベニマシコ

ベニマシコ


クイナ

クイナ


ハギマシコ

ハギマシコ


ハギマシコ

ハギマシコ


ミサゴ

ミサゴ


オオジュリン

オオジュリン


アカウソ

アカウソ


アカウソ

アカウソ


ノスリ

ノスリ


ハイタカ

ハイタカ


クロジ

クロジ


キクイタダキ

キクイタダキ


ミサゴ

ミサゴ


ホシゴイ

ホシゴイ


キビタキ ペアー

キビタキ ペアー


ミサゴ

ミサゴ


コアジサシ

コアジサシ


オオルリ メス

オオルリ メス


オオルリ

オオルリ


オオルリ

オオルリ


ツツドリ

ツツドリ


ノビタキ

ノビタキ


キビタキ

キビタキ


_マヒワ

_マヒワ


マヒワ メス

マヒワ メス


アオバト

アオバト


アオバト

アオバト


コチドリ

コチドリ


アオゲラの雛

アオゲラの雛


ホシゴイ

ホシゴイ


アオハズク

アオハズク


チョウゲンボウ

チョウゲンボウ


アオゲラ

アオゲラ


クイナ

クイナ


キジ

キジ


ツミ ♂

ツミ ♂


ツミの交尾

ツミの交尾


ビンズイ

ビンズイ


モズ

モズ


バン

バン


ヒヨドリ

ヒヨドリ


トビ

トビ


ハイタカ幼鳥

ハイタカ幼鳥


ウグイス

ウグイス


トラツグミ

トラツグミ


トラフズク

トラフズク


オオタカ幼鳥

オオタカ幼鳥


クイナ

クイナ


イカル

イカル


アカハラ

アカハラ


ウグイス

ウグイス


セッカ

セッカ


コムクドリ

コムクドリ


ヒバリ

ヒバリ


キビタキ

キビタキ


マヒワ

マヒワ


ヒレンジャク

ヒレンジャク


アオゲラ

アオゲラ


トラツグミ

トラツグミ


おなが

おなが


みそさざえ

みそさざえ


きびたき

きびたき


エナガ

エナガ


つぐみ

つぐみ


のすり

のすり


セグロセキレイ

セグロセキレイ


かわらひわ

かわらひわ


モズ♂

モズ♂

夕日に向かって


ハクセキレイ

ハクセキレイ


ゴジュウカラ

ゴジュウカラ


ミソサザエ

ミソサザエ


カワセミ

カワセミ


オオヨシキリ

オオヨシキリ


オオヨシキリ

オオヨシキリ


セッカ

セッカ

巣材のチガヤの白い穂を雪に見立て、それを口にくわえて飛ぶ姿から「雪加」となったとか?


すずめとホオジロ

すずめとホオジロ

何か悩んでいる?


ホオジロ

ホオジロ


あおさぎ

あおさぎ

サギ科 アオサギ属 留鳥 背面の羽の色が、灰色を帯びた青色なので「蒼鷺」


ハシブトガラス

ハシブトガラス

ハシは「嘴」のこと。嘴が太いから「嘴太烏」


ひばり

ひばり


シロチドリ

シロチドリ


ヒバリ

ヒバリ

晴れた日に鳴くから「日晴り」


カワセミと散りさくら

カワセミと散りさくら


アオゲラ 緑啄木鳥 青啄木鳥

アオゲラ 緑啄木鳥 青啄木鳥

キツツキ科 アオゲラ属 留鳥
嘴でものをつついて食べることを「啄」という。木をつついて餌を探して食べるので「啄木鳥」。


べにましこ

べにましこ


ベニマシコ

ベニマシコ


うぐいす

うぐいす

ウグイス科ウグイス属 留鳥


コジュケイ

コジュケイ


さくらとひよどり

さくらとひよどり


相思鳥

相思鳥


とらつぐみ

とらつぐみ


しめ

しめ


しろはら

しろはら


しじゅうから

しじゅうから


むくどり

むくどり


ひよどりとさくら

ひよどりとさくら


ソウシチョウ

ソウシチョウ


コジュケイ

コジュケイ


梅にしじゅうから

梅にしじゅうから


アリスイの餌取り

アリスイの餌取り


ありすい横顔

ありすい横顔


モズ♂

モズ♂


かしらだか

かしらだか


べにましこ♀

べにましこ♀


シメ

シメ

アトリ科シメ属 留鳥 冬鳥


かわらひわ

かわらひわ

アトリ科カワラヒワ属 留鳥 冬鳥


ひよどり

ひよどり

ヒヨドリ科ヒヨドリ属 留鳥


オオタカ

オオタカ

タカ科ハイタカ属  オオタカとは「大きい鷹」という意味 一般には大鷹、蒼鷹と書く
本来は、体が大きくて鷹狩りで活躍した雌がオオタカ。雄は雌より小さく「せう」と呼ばれていた。


コクチョウ

コクチョウ


紅マシコ♀

紅マシコ♀


ありすい

ありすい

キツツキ科アリスイ属
長い舌を伸ばして、主にアリ類と小昆虫の成虫や卵などを舐めとって食べることから「蟻吸」という。


ビンズイ

ビンズイ

「ビンビン、ツイツイ」と鳴くからビンズイ


とび

とび

飛翔能力がすぐれていることから「飛び」が語源


こげら

こげら

日本で一番小さいケラ(キツツキ)だから「小啄木鳥」


べにましこ

べにましこ


べにましこ

べにましこ

ベニマシコのマシコは「猿子」と書きサルの古名ニホンザルの顔のように体が赤い鳥だからとか。


たひばり

たひばり


じょうびたき

じょうびたき

「秋に常にくるヒタキ」から常びたき


ジョウビタキ♂

ジョウビタキ♂


たひばり

たひばり


のびたき

のびたき


みこあいさ

みこあいさ

「白い衣を着て目の回りに黒い入れ墨をした巫女」に見立てた。


しじゅうから

しじゅうから

「シジュウ」という地鳴きの鳴き声から


いかる

いかる

鳴き声「キーコーキー」を「イーカールー」と聴いた


こげら

こげら


いそひよどり

いそひよどり


ルリビタキ

ルリビタキ

瑠璃色がきれい


シメ

シメ

「シー」という鳴き声に「鳥」という意味の「メ」がついて「シメ」


シロハラ

シロハラ


しろはら

しろはら


つぐみ

つぐみ

口を「噤む」からツグミ、ツグミは冬鳥、冬はよく聞こえた鳴き声も、夏になるとまったく聞こえなくなるからとか。


めじろ

めじろ

雪の中、木に残った柿を食べているところ


あとり

あとり

アトリは大群を作り、其の様子がまるで獲物を追い立てる勢子のようであることから。


ひよどり

ひよどり

「ヒーヨ、ヒーヨ」と鳴くことから、ヒヨドリはなんでも食べる。


あとり

あとり


はくせきれい

はくせきれい

キセキレイは尾羽を上下に振り、イザナギ、イザナミに性交を指南する「嫁ぎ教え鳥」といわれている。白セキレイは胸腹部が白い。


るりびたき

るりびたき


もず

もず

いろいろな鳥の鳴きまねをするので「百舌」


もず♂

もず♂


ちゅうさぎ

ちゅうさぎ


がびちょう

がびちょう

籠抜け鳥、大きな声でなく。まねをするのもうまい。


かわせみ

かわせみ

鳴き声「チッツー」から古語の「そび」「せび」から「せみ」二なり、川などの水辺にいるのでカワセミという名前になった。


ツミの若

ツミの若

これから狩りを覚えて自立していく。


ツミの若2

ツミの若2

スズメのような小鳥をよく狩ることから「須須美多加」といい、それが転じて「ツミ」になった。


ツミ

ツミ

ツミの雌。ツミは雌のほうが体が大きい。


カワラヒワ

カワラヒワ

食事中   語源「ひわかし」は「可憐で若々しい」という意味。ヒワの体色から黄緑色を「ひわ色」という。


えなが

えなが

尾が柄杓の「柄」のように長いから「柄長」という。


おなががも

おなががも


おしどり夫婦

おしどり夫婦

雌雄の仲がよく、寄り添うようにして休むことが多い。「雌雄相愛し」からオシドリという。


かわせみ

かわせみ


かわせみ

かわせみ


かわせみ2

かわせみ2


かわせみ

かわせみ


セイタカシギ

セイタカシギ

脚が長く背丈が高いので「丈高しぎ」。英名のstiltは竹馬、まさに竹馬に乗ったようなプロポーションである。


おなががも

おなががも

食事中につき失礼


尾長がも

尾長がも


おおじゅりん

おおじゅりん

囀鳴の要素の「ジュリーン」から「ジュリン」の名前。大きな鳥がオオジュリン。


おおばん

おおばん

「護田鳥」すなわち「田の番をする鳥」からバンとなった。額板が白いのがオオバン。


じようびたき

じようびたき


じょうびたき♀

じょうびたき♀


ともえがも

ともえがも

顔に巴の模様があるので「巴鴨」。


ほおじろ

ほおじろ


あおじ

あおじ

アオジもクロジも姿がかわいらしいので、親愛の情を込めて「児」とつけれたのだろうといわれている。


もず

もず


るりびたき

るりびたき


るりびたき

るりびたき


るりびたき

るりびたき